パナデリアオカダへようこそ!

「うちのパンは、2,3日たってトースターで焼きなおしても、焼き立てより美味しいぐらいですよ」

パナデリアのパン作りへの情熱とこだわりは、材料選びから始まる。

 

まろやかさを出すため水は灘の宮水、塩は辛さの中にもコクのある赤穂の天塩、砂糖は麦芽糖を使用

そして、パンの種類に合わせて9種類もの粉を使い分ける。

イースト菌など添加物はできるだけ控えて、長時間かけて生地自体の強さで焼く。

前日に種を作りじっくり寝かせて翌日6~10時間もかけて焼き上げるため、フル稼働しても食事パンは1日1回・夕方に出来上がるだけだ。

そうして十分熟成させて作ったフランスパンやイギリスパンは表面はカリッ、中はサクッとしてまろやかな味。

手作り食パンはミミまでおいしく、焼きたての風味が長持ちする。

パンはイースト菌が多いほど短時間で醗酵するが、日が経つと中がスカスカになり風味はガタンと落ちる。だが当店のパンは日が経っても味が変わらない。

 

パン作りは子育てと同じ。手をかけていつも見てあげたい。

いい加減に作れば出来もよくないですよ。

仕事帰りの人たちがパンのいい匂いにホッと安らぎを感じるような

本当においしいと言ってもらえるパンを、ずっと作り続けたいですね。 (店長談)

ちょっとお得な情報

添加物を控えた手作り食パンは狙うなら夕方がチャンス !

季節や天候によって微妙に塩加減・水加減を変え、

生地を10時間以上寝かせて作る添加物控えめの食パンが大人気。

毎日夕方に焼きあがって、日によってはすぐ売り切れることも。

手作りのサンドイッチも評判だ。

電車ウォーク関西版98に掲載されました!

北摂のおいしい店に掲載されました!